目指せ★親子でバイリンガル in セブ島

ただいまセブ島で親子留学中→2015年秋に日本へ帰国。光の速さで英語を忘れた子どもと英語学習に奮闘中。

「これからはグローバル化の時代!」「子どもにも早いうちから英語教育を!」
そう思っているお父さん、お母さんたちは、きっと少なくないはず。かく言う私も、
グローバルエリート信仰をこじらせた一人です。でも。教育って「英語が話せたら万事OK!」みたいにカンタンな話じゃない。子どものメンタル面でのケアや、日本語との理想的な両立、などなど。知れば知るほど、親のサポートが欠かせないことに気づいたわけです。大事なのは、子どもだけじゃなく、親子がいっしょに英語を学ぶこと。このブログでは親子で無理なく楽しくバイリンガルになるヒントを探っていきます!

セブ島で理想的な「親子留学プログラム」を考えてみる vol.3 〜 カリキュラム篇② のつづきです。前回は、子どもたちのモチベーション・アップには、英語を話す人々の文化に興味を持ち、彼らとコミュニケーションする楽しさを知ってもらうことの他に、現場での指導者の態度 ...

昨日書いたエントリ セブ島で理想的な「親子留学プログラム」を考えてみる vol.2 〜 カリキュラム篇のつづきです。昨日は親子留学、とくに短期間の親子留学では、子どもたちが英語を好きになる「土台づくり」が重要だと書きました。これは私自身が親子留学をして、息子が英語 ...

セブ島えいご体験プログラムの準備で、なかなか更新できませんでした。。。毎日更新って本当にむずかしい。そんな言い訳はさておき。本日は前回の セブ島で理想的な「親子留学プログラム」を考えてみる vol.1 クラスルーム篇 に引き続き、カリキュラム篇を書いてみたいと思い ...

「つづきは明日!」とか言っておきながら更新が滞っております。ショウジデス。忙しくしていたのは理由があって、なんと2月16日発売の『週刊東洋経済』にセブ島の滞在記&レポートを書かせていただきました。親子留学だけでなく、ライター業の方もがんばっております!週刊東 ...

ここのところ忙しくてまたまた更新が途絶えておりました。ショウジデス。そんな中、この春に開催する「セブ島えいご体験プログラム」のキャンパスとなるリゾートホテル「Pacific Cebu Resort」の撮影に行ってきました。去年、オーナーさんが変わり、リニューアル工事が進んで ...

 セブ島留学中に出会った3人の韓国人留学生のはなし のつづきです。昨日の記事では、同じ留学生でも、その人が「どれだけ英語習得の必要性に迫られているか」によって習得できる英語力に大きな差が出る、というお話をしました。「親に言われて」とか「なんとなく英語を勉強 ...

前回の記事「5歳から1万冊の英語本やDVDに親しんできたクォン君の場合」のつづきです。昨日は実際にセブ島へ早期留学している14歳のお話でしたが、今日は私が留学中に出会った韓国人留学生(大人)の実例についてもシェアしてみようと思います。FBI Classroom by Bill Ericks ...

(前回の記事は コチラ )ここのところ熱心にリサーチしている韓国の英語教育事情。本日は、うちのアパートで早期留学を体験中の韓国人中学生の生の声をリポートしたいと思います。まず、これまで何度もお伝えしているように、今うちのアパートには韓国人の中学生が30人ほど ...

(前回の記事は こちら )こちらの記事 で紹介したように、韓国では1990年代後半から早期留学が大きなブームとなりました。とはいえ、このように早期留学に行って英語を学ぶことができるのは、裕福な家庭の子女だけ。経済的に余裕のない家庭では、子どもたちを早期留学させ ...

(前回の記事は こちら )本日は、韓国国内の英語教育への取り組みについて調べてみたいと思います。Kidergarten by donut2D これまでご紹介してきたように、熾烈な競争社会といえる韓国のお父さんお母さんたちは、とにかく教育熱心。小さいうちから、よりよい教育機会を与 ...

(前回の記事は コチラ )前回の記事に書いたとおり、韓国では1997年のIMF経済危機以降、英語教育がどんどん過熱していきました。英語力があれば、いい企業に就職できる。英語ができれば、リストラもされにくい。英語が話せれば、海外に進学したり海外で就職することだってで ...

(前回の記事は コチラ )セブに戻って来たらアパートが英語学校になっていた件のつづきです。Student Feet by Theen Moy 日本語が話せる現場責任者の韓国人の女の子、Lisa にいろいろとお話を聞いてみました。 彼女によると、アパートにいる子どもたちは韓国の中西部に位 ...

6週間近い日本滞在を終えて、先日セブ島に戻ってきました。ショウジデス。"Looking towards Cebu City" by Hafsteinn Robertssonフィリピンに住んでいると、予想外のことがよく起こります。セブに来るたびに新鮮な驚きがあるのですが、でも今回のはかなり衝撃が大きかった。 ...

(前回の記事は コチラ ) おひさしぶりです! 日本に一時帰国してから約1ヵ月、仙台、横浜、東京を行ったり来たりしております。ショウジデス。そんな風に書くとまるで今流行りの「ノマド」みたいですが、荷物満載のオデッセイでひたすら移動しているその姿は、ノマドとい ...

↑このページのトップヘ