(前回の記事は こちら

「お金をどうやって持って行くか?」は、親子留学の準備で悩むポイントの一つ。なんせ、海外では基本的に日本円が使えません。しかも、私たちが留学するフィリピンの通貨は フィリピン・ペソ(PHP)というなじみのない通貨。ドルやユーロならまだしも、ペソって!


Photo by Kelvin Servigon

そのため留学前はこんな疑問が頭の中を渦巻いていました。

・ある程度、日本でペソに両替して持っていった方がいいの?
・トラベラーズチェックって必要?
・日本円を持って行けば現地で両替できるの?

留学経験ナシ、海外旅行もほとんどいかないという私には、さっぱりわかりません。そこで人に聞いたり、ネットで調べまくったりして、ようやく次のようなことがわかってきました。

日本で現地通貨(フィリピン・ペソ)に両替すると損をする!


ぶっちゃけフィリピン・ペソは、マイナーな通貨。もちろん空港など日本でも両替は可能ですが、レートはものすごく悪いです。「現地で両替するのは不安だからどうしても国内でペソをゲットしたい!」という人以外は、避けた方が無難でしょう。なお、フィリピンへ1万ペソ以上を持ち込む場合には許可が必要です。


トラベラーズチェックはフィリピンでは超絶・使い勝手が悪い。


紛失や盗難にあっても安心なトラベラーズチェックですが、フィリピンでは一般的でなく、街中の銀行などではほとんど換金できません。一部の両替所(トラベラーズチェックの扱いがある店舗のみ)や高級ホテルのフロントなどで換金できる場合もありますが、とにかく不便。あまり普及していないせいか、換金のときの手数料も高く、レートも悪め。よって、セブ島の親子留学には不向きです。


日本円を現金で持ち込んで現地で両替するのが一番カンタン!


フィリピン留学では、留学代金を申し込み時に日本円で支払うのが一般的です。留学代金には、授業料や寮費、食費が含まれている場合が多いので、現地で使うお金は外食やショッピング、週末のアクティビティぐらいでしょう。親子留学でも、1ヵ月以内なら10万円ほどで足りてしまうかもしれません(現地で豪遊したら別ですよ)。セブ島には、街中のあちこちに両替所があります。レートは店舗ごとに違いますが、レートのいい両替所については留学先の学校スタッフが詳しいので、聞けば教えてもらえます。1ヵ月以内の短期留学なら、現金を現地で両替するのが一番お得といえるでしょう。

ただし、現金は紛失したり盗まれたらおしまいです。もしスリや盗難の被害にあったら、現金はまず戻ってきません。現金を持ち込む場合は、しっかり自分でお金を管理する必要があります。

※ 外貨(日本円)のフィリピンへの持ち込み額に制限はありませんが、1万USドル相当額を超える場合は税関での申告が必要です。


国際キャッシュカードは意外に手数料が高い


国際キャッシュカードは、海外のATMを利用して日本の口座から現地通貨を引き出すことのできるカードです。セブ島にもATMはたくさんあるので、多額の現金を持ち込むのが心配な人は選択肢の一つとして考えてもいいと思います。国際キャッシュカードの主なものは、

楽天銀行デビットカード →両替手数料3.024%、年会費1000円
新生銀行パワーフレックスカード →両替手数料4%、年会費なし
りそなVISAデビットカード →両替手数料2.5%、年会費1000円

という感じですが、ぶっちゃけ手数料が高いです。例えば、10万円相当の外貨を引き出すと2500円〜4000円ぐらいかかる計算になります。ちなみに、フィリピンのATMは、だいたい1回の引出しにつき1万ペソ(約2万5000円)が上限となっているので、多めに現金が必要なときは何度も引出しする手間がかかります……。


クレジットカードでキャッシング→繰り上げ返済という奥の手も!


キャッシングというと「借金=怖い!」というイメージがありますが、海外での現金入手にはかなり便利な方法です。VISAやMasterのマークのついたATMにクレジットカードを入れて、画面の案内に従って金額と暗証番号を入れれば、ものすごくカンタンにフィリピン・ペソがゲットできます。

ただ、キャッシングには変わりないので、もちろん利息が付きます。利率はクレジットカードによって異なりますが、だいたい年利で18%。ほっといたらどんどん利子がついてしまいます。ただ、ここで「繰り上げ返済」という奥の手を使えば、この利息を最小限に抑えることも可能です。

例えば、キャッシングした5日後にカード会社に電話(Skypeアウトなどを利用)で連絡し、 利用日からの利息を日割りで計算してもらい、カード会社が指定する振込み口座に直接返済するとします。すると(年率18%÷365日)×5日=約0.25% の利息だけですむわけです。


キャッシング&海外ATM利用の落とし穴に注意!


というわけで、私は最低限の現金(日本円5万円+500USドル)とクレジットカード、国際キャッシュカード(新生パワーフレックス)を持って渡航しました。これで準備万全! いつでもかかってこいフィリピン・ペソめ! とか思っていたら、まんまと落とし穴がありました。

まず、クレジットカードの中には、海外キャッシングのレート決定が遅いところもあり、繰り上げ返済が事実上できないケースがあること。そして、クレジットカードも国際キャッシュカードも、1回の引出し限度額や1日の利用限度額、キャッシング利用枠に制限があるということ。クレジットカードでのキャッシングを現地通貨入手のおもな手段として考えられている方は、必ずカード会社に事前に問い合わせて確認しておきましょう!

そして、これはフィリピン特有のATM事情かもしれませんが、けっこうな確率でATMが故障していたり、機械の中のお金が足りなくて現金を引き出せないことがあります。とくにフィリピンのお給料日のあとなどは(15日前後と月末)、お金を引き出す人が多いので要注意です。

以上、セブ島でのお金の管理についてまとめてみました〜。

なお、長期親子留学などでまとまった金額(50万円以上)が必要になる場合は、現地の銀行口座開設や海外送金などの方法もありますのが、それについてはまた別記事で。

明日は「飛行機チケットの手配」について書いてみようと思います!


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr