セブ島えいご体験プログラムの準備で、なかなか更新できませんでした。。。
毎日更新って本当にむずかしい。

そんな言い訳はさておき。本日は前回の セブ島で理想的な「親子留学プログラム」を考えてみる vol.1 クラスルーム篇 に引き続き、カリキュラム篇を書いてみたいと思います。
2014_08_064855EOS 6D_resize

短期の親子留学で、お父さんやお母さんがいちばん気になるのは「短期でも本当に英語力が伸びるのか?」という点だと思います。実際、親子留学について、このようなお問い合せはとても多いです。

ただ、はっきり言えるのは、アルファベットにようやく慣れ親しんだ子ども(初心者レベル)が、1〜2週間の留学で英語がペラペラになる可能性は限りなく低いです。

よく考えてみてください。私たちが、母語として日本語を運用できるようになるまでには、それなりの時間を要したはずです。母語でさえそうなのですから、日本語に比べて圧倒的に英語に触れる機会が少ない子どもたちが、1週間やそこらで英語をペラペラ話し出すわけがないのです。そんなことはオカルト現象レベルでありえない。これは私自身が2年半もセブ島で子育てをしている実感とも一致しています。というか、そんな魔法のようなメソッドがあったら私が知りたい(泣)

つまり、英語の習得には一定以上の時間が必要なのです。


英語への興味とコミュニケーションの楽しさを知ってもらうことが大切


そこで重要になるのが「語学学習を継続する強い意欲=モチベーション」です。では、子どもたちの英語に対するモチベーションを高めるにはどうしたらいいのでしょうか?

最もシンプルな答えは、英語そのものに興味を持ってもらうことだと思います。英語という言葉を知り、英語を使ってコミュニケーションすることへの好奇心をはぐくむこと。英語でのコミュニケーションが楽しみや喜びに結びつく経験を繰り返すこと。それが、英語に親しみはじめた子どもたちにはとても大切だと思うのです。

親としては、時間の限られた留学中に、なんとかして子どもの英語力を上げようと、長時間の勉強を無理強いしたくなるものです。でも、子どもが英語に好奇心を持つ前に親が強制してしまうと、子どもは英語を「好きでもないのにやらされる勉強」ととらえて、嫌いになってしまう場合があります。そう、私たちが親子留学で失敗したように……。

それでは、せっかくの親子留学も逆効果です。そのため、短期の親子留学では、まず「英語そのものに対する興味」を持ってもらうことにフォーカスして、とにかく楽しく英語に親しむ機会を重ね、子どもたちが自分から「もっともっと英語を話したい!」と思える土台作りをすることが重要。私はそう考えています。

では、限られた短い時間で、どうやって「土台づくり」をすればいいのか? 

長くなっちゃったので、明日は「子どもの学習意欲」や「脳科学」といった視点も取り混ぜつつ、短期親子留学に最適なカリキュラムについて掘り下げてみようと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr