お仕事にて、シンガポールの教育事情について調べる機会がありました。
調べている中で、いろいろビックリしたことがたくさんあったのでメモしておきます!
sg-education-landscape-print9e3a5a33f22f6eceb9b0ff0000fcc945

シンガポールの教育制度は基本的に「能力主義」

まず「日本とぜんぜんちがうな〜」と思ったポイントの一つが、シンガポールでは学力レベルによる生徒の進路の振り分けをしているところ。上の図を見てもらうとわかるとおり、6年間のプライマリースクール(小学校)が修了する時点で、全生徒は学力測定テストを受けさせられます。このテストは Primary School Leaving Examination(PSLE)と呼ばれていて、この成績で将来の進学コースが(ほぼ)決まる超重要なテストです。

プライマリーを卒業すると、セカンダリーに進むわけですが、勉強をがんばるアカデミックコースや技術的スキルを磨いていくコースなど学力ごとにいくつかのコースに分かれます。コースによって通う年数も4〜5年と異なっていますが、卒業時にはやはり学力テストがあり、その成績によってまた進路の振り分けが行われるそうです。

そのあとはポスト・セカンダリーに進むわけですが、これまた高等専門学校、ジュニア・カレッジ等々の様々な種類の教育機関があり、大学に進学したり、そのまま就職したり、さらに技術を高めるための専門学校に通ったり……などなど、就職までのパスがさまざまに用意されているのです。

この教育のあり方は、学力レベルによる振り分けが行われているため、エリート主義と解釈されることも多いのですが、シンガポール政府としてはあくまでも「落ちこぼれを生まないための能力主義」であると主張しています。現実問題として、子どもたち全員の学力を高い水準で一定に保つことは不可能です。そのため、学力に応じた学びの場を用意するのは、理にかなっていると個人的には思います。
(もちろん人口規模や国土の大きさが小さいからできる教育施策でもありますが)

シンガポールではバイリンガル教育と理数教育を徹底

もう一つ、日本と大きく違うのが母語と英語によるバイリンガル教育を導入しているところ。シンガポールは多民族国家なので、公用語も英語、マレー語、中国語、タミル語と多岐に渡っています。

学校では、母語とともに英語学習にも比重がおかれます。というか、主たる学習言語は英語です。もともとイギリス領だったということもありますが、国土が小さく、資源も少ない、国内市場も小さいシンガポールにとっては、人材こそが最大の資源。そのため、よりグローバルに活躍できる人材をたくさん育成することがイコール国力につながるわけです。

英語で学習できるということは、大学(そして就労)の選択肢も広がります。実際、シンガポール国内で教育を受けて海外の大学に進学することは珍しいことではありません。

一方、シンガポールの教育政策で特徴的なのが、理数教育を重視している点です。

これはいろんなところで紹介されているので、けっこう有名な話ですが、とにかく1965年の独立以来、シンガポールでは伝統的に理数教育をめちゃくちゃ重視しています。そこには、やはり理数系の学位や修士、博士をもっている方が、より就職しやすいという考えがベースにあるそうです。とにかくシンガポール政府の教育政策はエビデンス重視。「試しにやってみて効果が高かったものはどんどん取り入れる」という考え方であることがわかります。

実際に、国際的な学力テストPISAでシンガポールはいずれもトップランク。
20140619205139

数学的リテラシー、科学的リテラシー、読解力ともに2〜3位。日本を上回ってます。

そんなシンガポールでも、十数年前まではやはり「座学」中心の教育が主流だったそうです。ところが、グローバル化の進展や技術革新がすごい勢いで進む世界のトレンドを見据え、シンガポール政府は体験型学習を重視した多様な学びの提供へと方針転換。2010年には「21 世紀型コンピテンシー」を打ち出し、グローバル社会に対応するスキルとして以下の 3 つを設定しました。

  1. 市民リテラシー、国際感覚及び異文化スキル
    (Civic Literacy, Global Awareness and Cross-cultural Skills)
  2. 情報及びコミュニケーションスキル
    (Information and Communication Skills) 
  3. 批判的かつ革新的な思考
    (Critical and Inventive Thinking)

で、この21世紀型コンピテンシー育成に向けた包括的な教育(Holistic Education)というのを推し進めているそうです。例えば、教科学習以外に、音楽や芸術、スポーツなどを通じてリーダーシップ、チームワーキング、課題解決力の育成をめざす活動を取り入れたり、セカンダリーで正規カリキュラム以外のプロジェクト学習(Applied Learning Program)を導入したり。政府主導で、教育の場でいろいろ新しいことに挑戦しているんですね。すばらしい〜

STEM教育にも本気を見せ始めたシンガポール

さて、シンガポールはSTEM教育にも本気を見せ始めています。

なんと2017年までに、すべてのセカンダリー(日本でいう中学校)でSTEM プログラムを導入することが決まっているそうです。STEM導入を主導するのは、これまでもシンガポールの理数教育に貢献してきたサイエンスセンター・シンガポール。ここは日本でいえばお台場の日本科学館みたいな施設で、科学館としてはもちろん、国民のサイエンスリテラシーを高めたり、理数系人材の育成を担う機関でもあるんですね。

 2014年、そのサイエンスセンターが、シンガポール教育省、科学技術省の協力で立ち上げたのが「STEM Inc」という組織。これは実際にSTEMプログラムを中学校で運営するための実務を担当する組織で、退職したエンジニアや、理数系の修士/博士号を持っているスペシャリストたちが多数所属しています。彼らはそれぞれ学校に派遣? 配属? されてカリキュラム作成や実際の授業のファシリテートなどの学習支援を行うようです。

これを先ほどのApplied Learning Program(ALP)の枠組みの中でやるみたいですね。興味深いのは、「数学」とか「理科」みたいに縦割りの構造で学ぶんでなくて、より実社会に近い形で横断的にSTEM の知識を身につけられるよう、考えられているっていうところです。つまり、学んでることが実際にどういうサービスやプロダクトに応用され、実社会の中でどのように使われ、どのように社会に貢献するのかがわかるんです。

じつはこれって、学習へのモチベーションを保つためにものすごく大事だと思うんです。わたし学生のとき思っていましたもん。微分積分とか、対数指数とか「コレ何の役に立つんだよ、絶対一生つかわないだろ」って。授業も超つまんなくて、教科書に先生の似顔絵ずっと書いてて、そのおかげで先生の似顔絵がめっちゃ上手くなりました。でも実際は、社会のいろんなサービスや製品って、数学や物理やサイエンスの原理法則で成り立っているんですよね。。

そんなわけで、STEM Inc は提供するSTEMプログラムの内容を、実社会との関連性が明確な次の8領域に分類しています。
  1. Engineering and Robotics
  2. ICT Coding and Programming
  3. Food Science and Technology
  4. Environmental Science and Sustainable Living
  5. Materials Science
  6. Health Science and Technology
  7. Transport and Communication
  8. Modelling and Simulation
    Science Centre Annual Report 2014-2015 より)

めんどくさいから訳さないけど、以下の動画をみてもらうととてもわかりやすいです。




そんなわけで、とりとめなくまとめましたが、シンガポールの教育事情については引き続きリサーチしていこうと思います。でわ〜

【参考文献】
学力調査を活用した専門的な課題分析に関する調査研究業務報告書http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2015/08/24/1361054_01.pdf
Consultant Report Securing Australia’s Future STEM: Country Comparisons
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr